名古屋中心にお世話になっております、出張ホストアジュールナイト、代表の鮎川瑠威と申しますぴかぴか(新しい)

愛知県名古屋市を拠点として全国へ出張可能。24時間対応しております猫

ご興味があってもご不安な方やもう少し私を知ってから指名したいと思われる方は、
メールやLINEなどで少しお話しませんか?

その他ご指名に関することやご質問等は、オフィシャルHPにございますフォーム、
もしくは直接メールまたはLINEにてご連絡いただけますと幸いです。

貴女からのご指名を心よりお待ちしておりますムード

2009年11月02日

ペット保険〜イズミとの思い出  [出張ホスト〜名古屋]

お世話になりまするんるん


10月は貴女からたくさんの素敵な思い出をいただき、本当に感謝しておりますハートたち(複数ハート)


ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


貴女の優しい心は僕の胸の中に大切にしまっておきますね黒ハート


今度は僕が、鮎川瑠威をご贔屓くださるすべての女性に恩返しする番ですぴかぴか(新しい)


これから貴女と共有する時間の一瞬一瞬が、貴女にとって至福の癒しになれるように僕は貴女をエスコートさせていただきますキスマーク


まずは貴女と僕の架け橋でもある、この「ルイの休憩室」と携帯HPを通して貴女と心の会話が出来ればと思っておりますので、


一日の終わりの少しの時間だけ・・夢の中に旅立つ前の寄り道程度でかまいませんので、お立ち寄りくださると嬉しいです手(チョキ)


ところで最近、ペットのことについてお話することも多くなってきました犬猫


そんな中で浮上したのが「ペット保険」


やっぱりペットは家族なので、いつまでも健康でいてほしいものですかわいい


でも、そこは人間と同じ生身の生き物ってことでいろんな病気や突然の怪我の心配はつきものですよねふらふら


何かあって病院に連れて行くと、けっこう治療費がバカにならなかったりもしますがく〜(落胆した顔)


実費でその場精算の場合が多いので、そのときに手持ちが無かったりするとかなり困ることにもなりますあせあせ(飛び散る汗)


かと言って治療してもらわないわけにもいきませんからねたらーっ(汗)


命はお金では代えられませんパンチ


そこでペット保険なるものがあるみたいで、加入していれば人間の保険と同じでいろいろ助かることも多いみたいなんですよね病院


うちのワンコも今は健康だけど、いざというときに困らないように検討しようかと思うんですよダッシュ(走り出すさま)


そう思うとね、


ちょっと後悔してることがあるんですよねもうやだ〜(悲しい顔)


まぁ、だからと言ってそのとき対処できたかって思うとそれも色んな事情で難しかったとは思いますが、


でも、最善を尽くすって意味ではできなかったことが今の後悔ですバッド(下向き矢印)


去年、保健所に連れて行かれる寸前で保護したイズミって犬のことです犬


以下、そのときの日記ですからご存知無い方は読んでみていただけますか?


プレゼント(2008年03月13日)運命・・・

プレゼント(2008年03月27日)春・・


たった2ヶ月の付き合いでしたが、僕に大切なことを教えてくれたイズミ・・


後悔してるのは死因のことですもうやだ〜(悲しい顔)


死因はどうやら子供達が保護する前に交通事故に遭ってたようで、その時にあばら骨を骨折してたみたいでしたあせあせ(飛び散る汗)


それが原因で心臓にも負担が増えて・・結果的には心筋梗塞みたいな感じでしたふらふら


でも僕はそうとは知らずに、ただの栄養失調程度なんだって判断しちゃってあせあせ(飛び散る汗)


保護した時に一応病院にも連れて行ったのですが、レントゲンとか血液検査とかいろいろやると数万かかるって言われて、


そんなにお金かかるとは知らなかったので、そのとき手持ちが無くて簡単に診てもらうだけにしたんですあせあせ(飛び散る汗)


医者も変な病気にはかかってないみたいだし栄養失調ですねーとか言ってましたので、そうなんだ〜程度でたらーっ(汗)


だから、それからは滋養つけてリハビリがてら散歩で筋力を付けていけば元気になるかなってダッシュ(走り出すさま)


野良犬みたいに臭かったから、臭いが消えるまで毎日お風呂にいれてあげましたいい気分(温泉)

IMGA2157a.JPG


骨折ってわかったのは、


亡くなる数日前に度々痙攣みたいな発作みたいな症状が出始めたので、さすがにヤバイと思ってレントゲン撮ってもらいに行って初めて発覚したわけですあせあせ(飛び散る汗)


骨折してるって最初に知ってたら、散歩させたり走らせたりなんてしませんよね。。


すごく悪いことさせちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)


最初はヨチヨチ歩きだったのが、少し走れるようになってきたからてっきり元気になってきてるもんだと思ってましたたらーっ(汗)


イズミは・・でも、あーやって元気に走りたかったのかなって・・


多分、元の飼い主に飼われてた頃はずっと鎖に繋がれっぱなしだったんだろうと思いますふらふら


一生懸命僕に追いつこうと走り寄ってくる姿が涙ぐましかったですよもうやだ〜(悲しい顔)


骨折・・・どうりで鳴かない犬だと思いました。。


鳴くと胸が痛むからでしょうねあせあせ(飛び散る汗)


でも、寝てるときに夢を見てるのかな・・・時折「ウォンウォンウッウッウッ・・」みたいな寝言のような吼え方はしてましたよダッシュ(走り出すさま)


イズミの声は最後までその寝言でしか聴くことができませんでした。


骨折してるって発覚したときも、


普通なら手術ってことになるのでしょうけど、


高齢犬だし衰弱してるから手術にも耐えられないだろうって事で断念したんですもうやだ〜(悲しい顔)


事故ってすぐだったらまだ見込みあったかもしれなかったかもですけどねたらーっ(汗)


それからは今度は衰弱していく一方でもうやだ〜(悲しい顔)


立ってご飯も食べられない状態にもなっちゃって・・


骨折が発覚して2日後の朝、部屋の隅で息を引き取った直後のイズミが横たわっていました。


朝早かったし触ったら柔らかくて温かかったから、死んでるなんて思えませんでした。


でも・・それから冷たくなるのにそんなに時間はかかりませんでした。


友達に連絡入れて、最後のお別れを手伝ってもらいました。


ペットショップで一番大きな棺おけをもらってきて、


イズミの好きだった毛布にイズミをくるんで入れて、花を散りばめて蓋をしました


友達が僕に言いました・・


「イズミの写真は撮ってある?それ額に入れて飾って想い出にしたら?」


僕は友達の手前、涙は見せたくなかったから平静を装って


「そうだね、写真は無いけどビデオに撮った映像を写真に撮って・・」


そう言いかけたら、何か緊張の糸が切れてグワ〜っと悲しみがこみ上げてきて涙が溢れ声を詰まらせちゃいました


初めてツレの前であんなに泣きました・・


今までのイズミとの思い出がどんどん蘇ってきて・・

IMGA2160a.JPG


上の2枚の写真は、15分程しか無いイズミとの思い出のビデオ映像からのカットですカチンコ


今回、この記事を書くにあたって映像を久しぶりに観ましたが、


もう今はこの世にいないイズミが元気に動き回ってる姿がそこにあると思うと


・・なんか・・どうしようもなく切なくなってきますもうやだ〜(悲しい顔)


・・瀕死の状態で唐突にうちにやってきたイズミだったから仕方なかったかもしれませんが、


今僕のそばにいるルイ子(仮名)がもし怪我したり病気になったりしたときに病院に連れて行って、


急だったんで手持ちのお金がありません、では済まされませんもんねパンチ


あ、余談ですが、


僕は元々ネコ派だったのですが、なぜ今キャバリアなんて飼ってるの?って聞かれることがあるのですけどね、


理由は、


イズミに遊び相手でもいればもっと元気になるのも早いかもなって思って、友達経由で犬を探してもらってたんですよ手(パー)


そしたら、たまたま友人の知人でキャバリアを飼ってる人がいて、子供が5月位に生まれる予定だから話してみようか?ってことになったわけです手(チョキ)


でも、それを待てずにイズミは死んじゃって・・


だから、今いるワンコはイズミがいなかったらうちに来ることはなかったんですよねあせあせ(飛び散る汗)


逆に言えば、イズミのおかげで出会えたってこと


イズミが亡くなったのは3月21日


ルイ子(仮名)がうちにやってきたのは6月21日


・・何か因縁みたいなのを感じますダッシュ(走り出すさま)


イズミの分まで大切にしなきゃならないのはもちろんですが、


イズミと同じ失敗をしないようにも最善のことをしてあげたいものですぴかぴか(新しい)


当の本人は僕の気持ちなんて通じてるのか通じてないのか、


僕が食べるティラミスアイスを、股の間からよだれダラダラ垂らして狙ってるしたらーっ(汗)

SN3G0095a.JPG


あ・・瑠威、下履いてないあせあせ(飛び散る汗)


・・サムクナイ?





黒ハートプロフィールページへ

黒ハート料金プラン/ご指名方法のページへ
指名料は内容に関わらず1時間4500円で2時間〜で承っております(別途ホストの交通費)。
(アロママッサージご希望の場合に限り別途オイル代として2000円のご負担をよろしくお願い致します。)

次項有出張ホスト名古屋〜鮎川瑠威・オフタイム日記NEW


次項有出張ホスト名古屋〜鮎川瑠威 アルバムサイト


次項有出張ホスト名古屋〜携帯HP(旧オフタイム日記)



次項有[PCアドレス]
ayukawa_rui@yahoo.co.jp

次項有[携帯アドレス]
magical-power-of-the-moon@ezweb.ne.jp
携帯へのご連絡は、迷惑メール防止のためURL付のメールは拒否設定になっておりますので、お手数ですがURLを含まない内容でお願いしますひらめき
及び、ヤフーアドレスから送信される場合は不着の場合がございますので上記PCアドレスayukawa_rui@yahoo.co.jpへ送信くださると幸いですひらめき

次項有[ヤフーメッセンジャー]
ayukawa_rui

次項有[スカイプ]
ayurui88
posted by ルイ at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | ルイのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルイくんの大切な思ぃ出を聞かせてくれてありがと^^
ルイくんのそばで最期を迎えられたイズミちゃんはきっと幸せだったと思う。
2枚目の写真のイズミちゃんの目、すごく安らかだもん^^
だから、ルイくんは何も後悔することはなぃと思うよ^^

にしても、ルイくん・・風邪引かなぃでね(笑)
Posted by みぃな at 2009年11月03日 10:08
こんばんわー

ルイ君の動物に対する気持ちは、
深い深い愛で溢れてるんなんだなぁって、
いつも日記読んでて思います。
だからこそ、
関わってたペットが死んじゃったときの悲しみも
相当なもんなんだろうなって思いました。
ルイ子ちゃん、
イズミちゃんのおかげで良い人にめぐり合えて
幸せなんだろな^^

いつも命の大切さを教えてくれてありがとう^^


Posted by 亜美 at 2009年11月03日 22:11
みぃなさん

ありがとう^^
イズミのことはありのままに書いただけだけど、みぃなさんがそう感じてくれるなら、僕も少し後悔の念が和らいだよ。

風邪は・・うん、大丈夫^^
アイス食べたあと、すげー寒くなってちゃんとパジャマの上下に着替えたから(笑)
Posted by ルイ at 2009年11月04日 03:02
亜美さん

コメントありがとです♪

ちょっと、時に度が過ぎるくらいの愛情を動物に持っちゃうのが短所かもしれません^^;
変な話、この前も携帯日記で書きましたが、
今飼ってるキャバリアの子ともいつかお別れしなきゃいけないときが来るんだって思うと、
そのときの悲しみに耐えられるだろうか?って今から心配してるくらいですから^^;

こちらこそ、亜美さんからはいつもたくさんの優しさをいただいて、本当に感謝してますよ^^
Posted by ルイ at 2009年11月04日 03:09
悠乃です。おはようございます(^^)

ルイさんすごいなぁ・・
行く宛てのない犬を引き取って最期まで面倒見るなんて
なかなかできないことだと思います。

でも、なによりもいずみちゃんの元々の飼い主は
何を考えてるのでしょうね。
何年も一緒に暮らしたら、普通ならそんなことできないと思います。
残念でなりません。
一人でもそういう人がいなくなれば
いずみちゃんのような可愛そうな子もいなくなるのにね。

いずみちゃんは天国からきっとルイさんに
「ありがとう」って言ってると思いますよ(^^)


Posted by 悠乃 at 2009年11月04日 08:59
悠乃さん

ホントですよー(怒)
何考えてるんだかって感じですよね!
どんな事情があるにせよ、命を預かったなら最期まで面倒を見てしかりだと思います。

この前、ネット動画であるテレビ番組で放送したと思われる映像を観たのですが、
ある家族が猫を飼ってたんです。で、夏休みになって子供達は海に行きたいと言い出して海に行く計画をしたんですって。
でも、泊まりになると猫が留守番になっちゃうからできないということで海は諦めるかってなったら、
子供達はどうしても海に行きたいと。
そこで、親は子供達に「海に行くなら猫は捨てなきゃならない。猫をとるか海をとるか。」って聞いたら、子供達はなんと海を取ったんですよ。
で、仕方ないからって猫を保健所に持って行ったんです。
そこでテレビの取材班は父親に「保健所に持ってくるってことは殺されちゃうってことですよ?それでもいいんですか?」って聞いたら、
父親は「子供達が海に行きたいって言うんだから仕方ないだろ」って。
おいおい!って感じですよね(怒)
で、子供達は子供達で猫と別れなきゃならないから泣きじゃくってるんですよ。
母親は母親で「今回、子供達に命の大切さをわかってもらって、またいつか飼いたくなったら飼うことにします。」だって!
ちょ!もう怒りを通り越して呆れましたよ。
・・なんだろ・・すっごい観てて気分悪くなりました。
命ってものをなーんとも思ってないし・・というか、多分この事例はほんの一部なんだろうなって思いましたよ。
こういう人が世の中にまだまだい〜っぱいいるから、いつまでも保健所での殺処分も減らないんだなって。

もっともっと心に愛を持って欲しいものです。

暗い話になってすみません^^;

イズミには・・僕からも改めてありがとうって言いたいです^^
Posted by ルイ at 2009年11月05日 04:04
こんばんは。

優しいお話ありがとうございました。

私は、ペットの命も人間の命も、ある程度運命づけられているのではないかと思っています。
ルイさんがイズミちゃんと出会ったとき、すでに「一緒に過ごせるのはあと2か月」という定めだったのではないかと…(;_;)

私も、仕事で「永遠のお別れ」をするたびに、できることを精一杯やったつもりでも、「もっともっとああしてあげればよかった(/_;)」という後悔は必ず残ります。


たとえ検査を受けて骨折が見つかって、手術したとしても、入院・治療期間が長くなるぶん、どんどん「ルイさんと一緒に過ごす幸せな時間」がけずられてしまったのでは??
ルイさんは、一番いい選択をして、イズミちゃんにとって一番幸せな最期をプレゼントしたんだと思いますよ。

余談ですが、以前実家で飼っていたムクという雑種の犬も、亡くなったの3月21日でした。

3月…何かあるんでしょうか(;_;)

あっ
私が生まれたの3月だ〜〜〜(+o+)
Posted by same at 2009年11月05日 23:05
sameさん

定め・・そうかもしれませんね。
命の長さが運命付けられているのであれば、人間で言えば畳の上で死にたいって皆思うように、イズミの最期もあれでよかったのかなって思います。

もし最初に骨折の手術をしたとしたら、その間は一緒にいられないわけですし、もしかしたら年齢的体力的にも退院することなく・・ってこともなきにしもあらずでしたし。。

sameさんのお仕事は・・命を扱うお仕事なのですか?それならば、なおのこと命の尊さを身にしみて痛感してらっしゃることと思います。
立派なお仕事ですね^^

3月・・めっちゃ因縁めいたものを感じるんですけど(笑)
Posted by ルイ at 2009年11月06日 03:25
イズミちゃんの記事に涙が出ました雫(涙・汗)

私も雑種ですがとっても可愛がっていたぷくぷくが4月5日に亡くなりました

うちはフィラリアという病気になっていました

なんだか変だなって思って病院に連れて行った時はよくわからないけど貧血が酷いので暫く入院しましょうということになり…


退院の日支払い額に驚いた主人の顔


暫くするとよく食べて散歩もしたそうだったのでいつも通りにしていたのですがまた様子がおかしかったので病院に連れて行ったらフィラリアという病気でした


お金がないので入院どころか薬もあげられず

結局誰にも知られない朝早くに亡くなりました


臆病だけど好きなように草原を駆け巡っていたぷくぷく…


もう一匹ダックスフントがいますがそろそろ老犬なのにおかげ様で元気です

いい人ですね
長くなってすみませんm(__)m

お互いのワンちゃんの冥福を祈りつつ猟犬
Posted by 風子 at 2013年06月29日 10:29
風子さん

コメントありがとうございました。

ぷくぷくちゃんのことも、あらためてペット保険というものの必要性を強く考えさせられた辛い思い出ですね。
まだ風子さんの心の傷が治らない状態だと思いますが、とても貴重なお話を聞かせていただいてありがとうございました。
ぷくぷくちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
風子さんの心中お察し申し上げます。

お互い今そばにいるワンコへは、亡くなった子から教えてもらった大切なことを活かしながら責任もって命を預かっていきたいものですね^^
Posted by ルイ at 2013年06月30日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック